星を掬(すく)いに

#摩耶ロープウェー・星の駅で書いたメモ帳をそのままお送りします.

デジャブにおそわれていたら、
一年前、同じような境遇にいたことを思い出した。
#長崎・稲佐山展望所1Fロビーで書いたメモ帳はこちら('09.3.27).

今は神戸にある摩耶ビューライン・星の駅の待合室のストーブ前
にいる。室内で待っていられるのはここくらいしかないので。
時間は夕方5時20分。まだ空は青白い。

駅の壁には「日本三大夜景」の文字が。
こちら摩耶山掬星台からの夜景は日本三大夜景のひとつらしい。
そういえば去年の長崎稲佐山もそのうちのひとつだった気がする。
この流れだと来年は函館に行かなくてはならない。
今年はたまたま大阪にいるので、神戸は行きやすかった。
来年北海道に行く用事は今のところまったくない。
そう言うわりには去年、長崎に行く時に用事は全くなかった。
来年、北海道。可能性はゼロではないようだ。

5時30分。
待合室の窓から見え景色をチラチラ見ているが
神戸の住人は明かりを一向につけようとはしない。
それもそうか。まだ十分に空は明るい。

6時、街が灯りはじめて来た。
今までの経験上、ここから三十分、ないしは1時間くらいが
最も劇的に彩りが変わっていく時間帯。
それでは行ってきます。

---
#摩耶ロープウェー・星の駅で書いたメモ帳は以上です.


圧倒的な夜景を目の前に、1時間を過ごし、
放心状態のままロープウェーで下山して、
バスにも乗らず、トボトボと近くの駅まで
歩いて帰りました。

なんだろう。
素晴らしい映画を観終わった後、その映画の世界にしばらく
ひたっていたいと思う、あの感覚に近いかもしれません。
摩耶山から眺めた光の世界に、今自分がいるという現実が
不思議で、なんともフワフワした気持ちで歩いていました。
もしくは摩耶山掬星台に合計2時間近くいたおかげで風邪を
ひいてフラフラだっただけかもしれません。

夜景の中に自分が住んでいる街も確認することができました。
見慣れた風景も違う視点で眺めてみる。
また少し好きになりました。


(2010年3月5日) ozy-
#130
posted by ozy- | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | ああだこうだ言う
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事のTrackBackはこちらからどうぞ