スカイツリーに会いたい

#小田急線の車内にて.

「何者だ」
羽田空港に到着した時、
機内の窓からスカイツリーを見た時の第一印象だ。
建造物とは何かが違う。
六本木ヒルズ、東京タワー、フジテレビ、彼。
見慣れた東京の風景に突如あらわれた巨人。
神々しくも見えるあのたたずまい。
会いたい。そして拝みたい。
巨大仏を観に行くような不思議感覚に
いま包まれている。ドキドキが止まらない

Liner noise”開設七周年記念日記

#押上駅周辺にて.

長い地下鉄生活を終え、押上駅A1出口から出る。
出た。何かジャマ。
手前の建設中のビルにおいしいアングルを
全部持っていかれている。
ここで途方に暮れていても仕方がない。
回りこむことにする
ツリーの横に流れる川があるようだ。
そこから眺めることにしよう。
川に掛かる橋の上に人があふれている。
おぉ。
確かにここからのスカイツリーは
何者にもジャマされないツリー全貌が見渡せる。
皆さんしゃがみこんる写真を撮っている。
私も負けじとしゃがみこむ。
知らない人達が常に写りこんでしまう。

川沿いを歩く。
テレビでよく見た「現在のタワーの高さ」の標識が
ある正面まで来た。現在の高さは539メートル。
覚え方は“スカイツリーに539(郷さん来る)?”だ。

標識正面の道は特に人が集まるようで
スカイツリーショップが2店ほど並んでいた。
ひとつは建設風景を記録した写真集的カレンダーを
販売しているお店。もうひとつはおみやげ屋さん。
やっぱりあったスカイツリー饅頭。

せっかくなのでぐるっと一周してみよう。
業平橋駅、東武伊勢崎線の線路を越えると、
比較的すいている道に出る。
途中、見学広場という小さなスペースがあったので
立ち寄ってみる。
マンション(リライズガーデン西新井)のポスターに
水川あさみさんとスカイツリーのツーショットが
写っていた。
このポスターを見たら多くの方が思うことがある。
「私もスカイツリーとツーショットが撮りたい」
ちょっとうらやましいのだ。
水川あさみさんに軽い嫉妬をおぼえる。
そんな我々の思いをかなえてくれるのが、
見学広場の片隅に設置された記念写真撮影機だ。
一見、街中で見かけるインスタント証明写真ボックスだ。
しかしこのボックスは一味違う。
なんと完成したスカイツリーと一緒に写真が撮れるのだ。
これで私も今日から水川あさみだ。
しかも数種類の背景画像がセレクトできる。
私が惹かれたのはうっとりするような夜景バージョン。
この背景を選ぶ時はぜひワイングラスを傾け、
ちょっぴり大人の水川あさみを演じたいものである。
次回は忘れずに持ってこよう。

スカイツリー周辺をぐるっと一周したが、正直
どの方向から見てもイマイチ大きさを実感出来ない。
近すぎるのだと思う。
初対面が羽田空港から見たスカイツリー、
二回目が今回のタワー直下。
たぶんその間、いい具合の距離から見たスカイツリーを
知らないために、こんな感じになっているのだと思う。
第二の目的地へ場所を移そう。


(つづく)


(2010年12月30日) ozy-
#159



posted by ozy- | 大阪 ☁ | aada coda iu(0) | track back(1) | ああだこうだ言う
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事のTrackBackはこちらからどうぞ


セカイが生まれた場所へ
Excerpt: “Liner noise”開設七周年記念日記 part2/ ozy-、荒川の鉄塔に立つ
Weblog: ああだこうだ言うスペシャル
Tracked: 2010-12-30 23:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。