あの朝から

この朝を迎えられたことに感謝します。

3月11日のあの時間、
大阪のビル内で勤務していました。
こちらは最大震度3でしたが、耐震ビルのため
ひたすら揺れていました。

西日本でも携帯電話の使用率を制限する規制が掛り、
携帯電話が繋がりにくい状態になっていくところを
画面を通してリアルタイムで確認していました。

直接の被害は少なかったのですが、東日本に住む
家族や親戚、友達に連絡をしたくても、なかなか
応答がなくて心配していた人も沢山いらっしゃった
と思います。

私も東京・町田に暮らす家族になんとか連絡つき
無事であることが確認できました。


今回、お話ししたかったのはその前後の話です。
私の家族の安否について、職場にいる多くの方から
声を掛けてくれました。

昨日の揺れで、1995年1月17日に発生した
阪神・淡路大震災を思い出したようです。
私の家族が安全であることを伝えると、1995年に
彼らが体験したリアルな震災トークをしてくれました。
そのほとんどは笑い話として語っていました。

時間は掛かると思います。
10年、20年経っていつの間にか笑って話せる日が
来ることを願っています。


(2011年3月12日) ozy-
#165

posted by ozy- | 大阪 ☁ | aada coda iu(0) | track back(0) | ああだこうだ言う
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



この記事のTrackBackはこちらからどうぞ