ああ 栄冠は君に輝く

FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」が熱闘甲子園で流れていたのは
2010年夏。
東海大相模は甲子園で戦っていました。

当時、関東を離れて半年が過ぎ、
いままで意識してこなかった“地元”が
懐かしいと思えるお年頃でした。
そんなタイミングで我が母校・東海大相模が
甲子園へやってくることを知ります。
東海大相模 第一試合目の午前中、気付けば
甲子園に向けて自転車を走らせていました。

#参照日記/つぶやき「甲子園への道」まとめ(2010.8.11)


相模はその後も勝ち進み
いよいよ決勝戦、優勝まであとひとつのところで
対戦した相手は、我が父の故郷・沖縄代表 興南高校でした。

#参照日記/沖縄の血、相模の魂。(2010.8.21)


2010年8月21日 決勝戦当日。
少し早めに甲子園球場へ向かいましたが
満席で入場できず、アルプス席の裏で
ワンセグ片手に甲子園球場の歓声を
生で聞いていました。

試合終盤、外野席に入れましたが
興南の応援スタンドのオレンジ一色の
盛り上がりはいまでも忘れられません。

#参照日記/なつあと〜父への思い〜(2010.8.22)


翌年、春のセンバツに出場した相模。
決勝戦前日に大阪から地元・町田に戻ってきた私は
母校・東海大学相模高校三号館5F大ホールの
パブリックビューイングに参加し、
後輩たちと一緒に春のセンバツ優勝を喜びました。

#参照日記/これ我が母校(2011.4.3)


ただ、夏の甲子園・決勝戦
目の前で敗北を味わった
「あとひとつ」の想いは
いまでも胸に刻まれています。


あれから5年。
神奈川県大会で戦った横浜高校の思いをのせて
東海大学相模は夏の全国高校野球選手権大会出場。
沖縄県代表は、あの興南高校が5年ぶりに出場。
あの夏の「あとひとつ」を乗り越えるためにも
興南高校と対戦して欲しかったです。個人的には。

そして、今日。
甲子園球場で応援することはできませんでしたが、
仕事中でも、心はずっと甲子園球場に置いていました。
#仕事してください.

東海大学相模高校の皆様、優勝おめでとうございます!


(2015年8月20日) ozy-
#212



posted by ozy- | 東京 ☀ | aada coda iu(0) | track back(0) | ああだこうだ言う
ああだこうだ言う
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事のTrackBackはこちらからどうぞ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。